バストイレ一体型は掃除が楽しくなる空間

賃貸住宅に多いバストイレ一体型のユニット。二人同時にトイレとお風呂を使いたい時にはとても不便を感じ懸念されるユニットですがお掃除に関しては優秀なスペースだと思います。
お風呂上がりに一気に掃除ができるというのが利点です。
トイレとお風呂を別々に掃除しようとする方もいらっしゃると思いますが丸ごとお掃除ができます。
子供の一人暮らしでトイレマットを敷いているせいか別々に掃除をしていたようでマットが濡れないようにお風呂掃除をしトイレはトイレだけでやっていたようです。そのため、便座の後ろ側の床など手が届かず湿気った埃だらけでした。
そこでマット類は敷かない、スリッパも布製から濡れても平気なプラ製のサンダルへ変更しました。
スリッパ代わりのサンダルはユニット内には置かず定位置をドアの外(着替える場所)にバスマットと共に置きました。
一体型で用意する物はトイレとお風呂洗剤各1本、トイレブラシ2本、スポンジの4点です。
壁から順にシャワーで流します。その後洗剤をつけてブラシやスポンジを使って洗います。
洗剤を流します。お湯を使うと燃料代が勿体無いので流す時は水を使うとガスや電気、灯油の節約になります。
トイレブラシ2本の内、1本は便器の中に使いますがもう一本はトイレの床用に使うと簡単に便器の奥の床や壁を洗うことができます。
また、排水口の中を洗う時にもヌルヌルした感覚を気にせずにブラシで洗うとキレイになります。
最後に、熱めのお湯をかけて換気扇を回しっぱなしにすれば拭く手間も要りません。
また、換気扇つけっ放しの電気代を気にされる方もいますが1ヶ月使っても数十円です。
しっかりユニットバスを洗って乾かせばいつもキレイを維持できることとカビ予防にもなるのでおすすめです。
駐車場経営するには

食費の節約術

日々の食費を節約するためには、毎日のチラシをチェックして、安いところに買い物に行くことが1番良いかと思っていましたが、妊娠してお腹が大きくなってきて、思うように自分で買い物に行くことが出来なくなったことで考えが全く変わりました。
まず、なかなか自分だけで買い物に行くことが出来なくなったとき、節約するために自宅周辺のスーパーでどこが日常的に比較的安いのかを比較してみることにしました。そうすることで、セールや特売をやっていなくても比較的値段を抑えることができます。
そして、なにより買い物は1週間分の材料をまとめ買いする方が節約出来ることが判明しました。
日々の買い物に外出をすることで、つい余計なものを買ってしまったり、外出ついでに何か外で食べてしまったり、飲んでしまったり…という経験がある人も多いかと思います。
日々買い物をしていると1回にする買い物の量も少なくなるため、荷物が重くなることも無く、つい余計なものに手が伸びてしまったり、寄り道してしまったりということが多々あるので、そういった習慣をなくす為にも、1週間分まとめ買いをして、なるべく外出する回数を減らすこと自体が1番の節約に繋がっていると感じました。
プロミス 札幌

増税問題に対して思うこと15

最近は消費税を10%に引き上げるか否かで、論争が繰り広げられていますが、ここまで引き上げに反対の声が上がるのは、皆8%に引き上げられた時の気持ちが尾を引いているんだと思います。
私も消費税が8%になった時のことは鮮明に覚えています。
3月31日の夜に外食に行った時に、すでに日付が変わった時用にと、消費税8%用のメニューが用意されていて、本当に消費税上がるんだなぁと思った記憶があります。
増税前に大きな買い物を済ませようとラッシュが起きたのは話題になりましたよね。
5%から8%に上がるということはたかが3%と言えど、私達の生活に大きな負担となりました。
しかし、それで景気が良くなるなら、という思いが皆あったんだと思いますが、正直裏切られた気持ちはあります。
生活が豊かになるどころか、どんどん生活に必要なものの物価も上がって、給料が上がる訳でもなく、苦しくなる一方だからです。
こんな状態で消費税10%に引き上げます、誰が納得するでしょうか。
結局、国債を返済するために私達からお金を巻き上げようとしているだけなんだ、と思わざるを得ません。
正直仕方のないこと、と思う気持ちはありますが、どうにもならない八方塞がりな状態に頭が痛くなります。

19クレジットカードのリボ払いの使い過ぎ

結婚を機に専業主婦となり、結婚してしばらくは家計を預かっていましたが、結婚して数年後主人の希望で生活費を渡してもらう形に変わりました。
それまでは必要なお金を振り分けて、家計を見て毎月どのようにお金を使っていくかを考えて過ごしていましたが、生活費をもらう形に変わり、クレジットカードを使うことが増えていきました。
そして、支払いのときに毎月定額の支払いにできる「リボ払い」を使っていたのですが、毎月重なっていくと、気づくと十万円単位の支払額になってしまっていました。
毎月定額の支払いで使えるリボ払いですが、支払い期間が長くなると手数料も増えていき、結局自分が使った分よりも手数料を支払った分多く支払うことになってしまいます。
そのことを了承のうえで使っていましたが、「足りない分は」と生活費として使っていくと、あっという間に利用限度額まで到達してしまいます。
「そんなに使っていないのに」と思っていても、「少しずつ」が積み重なって、気づいたら20万円ほどの限度額まであっという間に到達してしまいます。
「リボ払い」の便利さはとてもありがたいですが、それに頼り過ぎてしまうとあっという間に限度額に到達してしまうので、使い方や返済計画を重視して使うことがとても大切だと思います。

ためても忘れます

いくら節約しても、お年寄りになって、その預け先がわからないほど、たくさん、持っておられる方がおられるのだと思います。こうなると、日本は心配しなくても、大丈夫ということになるのではないでしょうか。マイナンバーまで入れてしまって。しかし、マイナンバーで、資産が集められるのではなく、個人にお知らせすることはないのでしょう。認知症の世界で、思い出すことはありません。こうなると、平等になるのかもしれませんね。
それを見越して、やはり、早く介護ロボットを開発して、すべて、ほとんどロボットがしてくれるような施設を作ってほしいです。できると思います。
今まで間違うことのない人です。記憶は、薄れます。完全に覚えることなどできないのです。それが一番の、リスクです。節約しても、そこで、忘れてしまうと、家族の節約は、無駄になるのです。そんなことは自分には降りかからないし、だまされることは、絶対になりおお持っていても、若い人を頼らない限り、記憶は維持できないのです。細かい節約は、お金持ちなら、することもないのです。そう思っています。
つまり、節約しても、払うものは払うし、ためても、忘れうるということです。本当のことです。

格安スマホデビュー

先日楽天スーパーセールでZTE BLADE E01というスマホが、たったの1円で販売されていたのでポチってしまいました。ついに楽天モバイルで、格安スマホデビューを果たしました。私はauのスマホを使っていましたが、毎月7000円ほど支払っていました。かけ放題プランなのでよく通話をしていましたが、ちょっと7000円は高過ぎると前から思っていました。ちょうど2年契約が切れたグッドタイミングで、違約金無しでMNPできました。MNPとはauの電話番号をそのまま使えるサービスで、手数料としてauに3000円支払う必要があります。電話番号が変わると何かと面倒なので、3000円の出費はやむを得ません。ただしauのメールサービスは使えず、楽天のメールアドレスとなります。メルアド変更のお知らせは面倒ですが、仕方ないところです。
私が楽天モバイルで契約したプランは、音声SIMの3.1GBコースで1600円に、かけ放題オプション850円をつけて合計2450円です。
かけ放題は5分だけですが、長電話の時は何度もかけ直せばOKです。これでauの7000円から約3分の1まで抑えられたので、大満足です。
主人のスマホも、更新月に楽天モバイルに変更させようと思います。

実家に帰省するお金がない。

私の大好きなお母さん。本当にいつ会えるんだろうかと思うと少し悲しくなってきますが、だけどそれ以上にやっぱり私は私の家族を守らなければならないので、 実家に帰る帰省するためのお金を貯めるよりも、今は猫とそれからお嫁さんのかかるお金を食べなければなりません。
特に猫にはお金をこれからもつぎ込んで 続きを読む “実家に帰省するお金がない。”

仕事に力が入らない。

なんだか最近の私は仕事に力が入らないように思っています。
やっぱり仕事の単価が下がって、だいぶモチベーションが下がっていることは否めません。 私の仕事は400字で何を喋っても、何を書いてもいいんですけれども、タカトシで60円。
それは今まで80円だった分、20円下がってかなりがっかりして 続きを読む “仕事に力が入らない。”